リンパマッサージサロン・イアシス
TEL:0721-26-3100

リンパマッサージとともにやるべき健康づくり
HOME > リンパマッサージとともにやるべき健康づくり

健康に、美しく生きるために。

日々健やかに、人生は美しくは、誰もが願う事でしょう。
どんな人生も素晴らしく美しいものだと思い感じます。
ただ一律平坦ではないものです。神様は、山坂も、艱難辛苦、困難も全て全て乗り越えて喜び豊かさに変えて生きなさいと生かされているようです。
その為に必要な力とはまずは健康でしょう。
心身の健康にと、私なりのコーナーを作りました。少しでもお役に立てれば幸いです。

  • からだのこと記事一覧へ
  • 食のこと記事一覧へ
  • 生活のこと記事一覧へ

「心身整流」 仲田サクの考え


◆人間も自然の一部

心身整流の考えに、生命あるもの全てに2つの身体がある。
1つは物質体は肉体、1つはエネルギー体、
人間は約60兆の細胞の肉体が物質体、見えて触れることができます。
エネルギー体は見えもせず触れることもできません。
物質体にエネルギーの介在があっての生命です。
この冬は寒いを越して冷たく「堪忍してよ」思う長い冬でしたが、
我が家の梅も3月3日の雛祭りに1つ咲きました、例年より半月遅れました。

いつも思う事に植物の命の存在の根元は?心臓は?どこに在るのかと考えます、根でしょうか??
確かに根が土から栄養を取れないと死んでしまいますし、水耕栽培も水からの栄養でしょう。
しかし、それだけでは命になりません。
光(太陽、月)と気温、自然環境のエネルギーが在っての「命」
何の知らせもないのに芽吹き、花咲き、実を結び、子孫を残し、葉を落とし、芽吹きを待ちます
自然環境の一部としての営みの内に。

人間もまた自然の一部として同等でしょう。ただ60兆の細胞の固まりではないようです、
現に細胞一つ一つにプラス極とマイナス極が在ると言う事は電気的なエネルギーが発生している
何故そうなのかと言うと簡潔で完全なる答えは、今もって解明されてはいません。
何らかの力の介在があると思える不思議さが在ります。

自然界のエネルギーを介在を知る事の一つに、
病や不調を持つ方は敏感に感じることが気圧の変化を知る、
晴れた良い日に体調が悪くなり天気が崩れることを知る。
自然界のエネルギーを身体で感じ反応している自然界の一部としての存在証明の一つです。

◆自らできること

全生物の中で唯一ただ存在するだけではなく思考し、行動を起こし、
その結果をも善いに付け悪に付け責任を取り、一生懸命に生きています。

仏教の言葉に人の一生に生老病死苦は避けては通れぬもの「そうです」と私は受理出来かねます。
生死の間を人生として受取りましょう。苦も乗り越え、善きものへと成長する教えとしましょう。
老もまた成熟の極みとして受取りましょう。
しかし病は受取れませんし許せません。
がむしゃらに一生懸命に生きてきて「老い」と「病」を得るのは、かなしすぎます。
歳を重ねることは、「知識」と「知恵」を重ねることだと思うのです。

人生の途上での不調も病を得る結果は頑張りすぎた、大切にしなかった自分自身です。
頑張り過ぎると「交感神経優位」、だらけ甘え過ぎると「副交感神経優位」となり、
自律神経のバランスをとる働きが狂います。
自律神経は「身体」と「心」の常にバランスをとっていてくれる、自己の意思では制御できない神経。
自律神経が狂うと、様々な不調和音を発してくれます。
この時に気が付いても「今!!頑張らなければ」と頑張ってしまう「若さ」です。

自律神経の狂いを重ねることは「不調」から「病」へと繋がるほどに怖いものです。
低体温。免疫低下。基礎代謝が落ちます。良い睡眠がとれません。
頭痛や冷え。食欲不振。身体の各部位の痛み。

さまざまな「不定愁訴」のお知らせが体内から心から必ずあるものです。

無視は駄目です。これくらい何でもないと頑張ってしまう事の繰り返しは本当に駄目ですね。
そんな時は自分を振り返ってリラックスできることと、切り替えの心と行動が必要です。

身心を健康に保ち続けるには日々の食事、水分(水)心をかけて作り、頂いていますか、
季節を楽しみ感謝していますか、食べれるって、ほんとに有難いですよね。
ライフを楽しんでいますか、自分を愛しんでいますか、家族を周りの大切な人を愛しんでいますか。
自分の身体も人生も自分のものだから個人の勝手??ほんとにそうでしょうか?

人一人の存在は自分を含め周りの大切な者達の為でもあります。
健康も元気も決して難しいことでは無いはずです。自分を大切に思い行動することです。
心に起こるネガティブも思い方、捉え方を少し変えると見えることが沢山あります、
身体が健康、元気に成りますとね、心も元気、寛容になり楽しくなりますよ。

見える世界(ライフ)は自らの意思で変えることが出来ます。
見えない世界のエネルギーは見える世界に共に在ります。
物質としての肉体とエネルギー体は共存しての生命だと私は考えています。
このバランスを司っている一つに自律神経がありますし、
まだまだ解明されてはないけれども素晴らしい力が、完全なる仕組みがあるようです。

◆身体のシステム

人の身体には不思議「自然治癒能力」の絶対なるものが在ります。
今の科学技術でも完全解明はできていません。この力を減らすことが病なのです。
私達の体は約60兆の細胞と約70%の体液(血液、リンパ液、細胞内外室液、細胞間間質液)、
気と言うエネルギーで成り立っています。

血液は各細胞に栄養と酸素を運びまた逆に各細胞の老廃物も運び出します。心臓と言うポンプで取り行って
います。栄養と酸素は、(食べ物、水、呼吸)リンパ液は血液の助け、栄養と酸素を運びこむ手助けと、排出する
手助け、異形細胞や細菌、ウィルスの駆除、老廃物の辞去、リンパ液は血液の流れに殉じています。

私説は「血液を上水道」とするならば「リンパは下水道」に値する。
上水道の流れが綺麗でサラサラしておれば下水道の流れも働き良い、その逆もありますね。
一つの流れが良くなると連鎖し合って自ら整える力、生態恒常維持機能、免疫、自然治癒に繋がるとの考え。
もう少し詳しくすると、主になる太い血管から身体の隅々までの毛細血管を通じて、酸素とホルモンと栄養を
運ぶ動脈血と、炭酸ガスと老廃物を細胞から運び出す静脈血は毛細血管から主なる太い血管へ戻り心臓から、
肺を通じて酸素と二酸化炭素を呼吸の仕組みで、酸素は取り入れ、二酸化炭素は体外へ、心臓と言う筋肉の
ポンプで身体を守っています。
身体の隅々隅々まで張り巡る血管と血液の働きをサポートし、異物の駆除するリンパ液は"白い血液"といわれ、
血液と血管の流れと動きに殉じています。更に分布は毛細血管以上です。

主なる働きの心肺と脳。脳からの指令を中枢神経を通じて末梢神経に、身体の全て、運動機能、言語、感情、
理性、五臓六腑、器官、痛み、まで全てを司り関与している神経の分布は血管と同等もしくはそれ以上。

身体の中での電気的なエネルギー道と言える神経。常にサポートし合い関与し合う関係。
60兆の細胞を健全に守り司る、血液、神経、リンパ液、働きがバランスが取れている事が健康です。
血液、血管、神経、リンパも60兆の細胞の内です。

◆気(エネルギー)

もう一つには外界と体内のエネルギーの関係です。
東洋医学に経絡と言う気の道が存在するとされています。
ツボ(気穴)とツボ(気穴)を結ぶ道を経絡といいます、東洋医学のツボは内外のエネルギーの出入り口と
言われていますが、完全な証明はできていない。
過去に東大名誉教授の渥美先生に聞いたお話ですが、
中国の有名な気功師との対談の中で本当に経絡は存在するのかの問いに、しますと答え、お見せしましょう
と腕を出し指先から肩まで一本の青く光る路を見たそうです。気の存在を認めざるを得なかったと。

経絡には正12路とされています、全身の縦にありますが、私は更に複線を増やし、横に路を見つけることで
全身の流れを網羅できるとしました。
少々乱暴ですが身体中を巡る気(エネルギー)の路は主流のリンパ管と共に在る。
リンパと経絡は同じの考えから生まれたのが心身整流です。

◆心身整流の目的

ここまで読み進んで下さいました貴方様に感謝いたします。おおきに、有難うございます。
長かったでしょう、これでも一生懸命短くしたつもりなのですが理解しにくいかもしれませんね。
何を伝えかったのか。

「私達の身体には絶対なる治癒の力が在ること。」

私の不健康さと、18年間にわたる体験と経験によって日々の在り方とケア―で取り戻せると確信しています。

誰もが願う健康と心豊かな人生でしょう

少しでもお役にたてますようにと願っての施術。
体液療法で経絡療法のリンパマッサージです。


一覧に戻る

ページトップ
  • ボディ
  • フェイス
  • ヘナ

リンパマッサージとともにやるべき健康づくり

  • からだ
  • 食
  • 生活

  • お客様の声
  • キャンペーン
  • スタッフ募集
  • 化粧品のご案内
  • あなたに届け!リンパなブログ
  • 天然成分100%化粧品